[体験談]年間休日107日のシフト制はつらい?連休は取得できる?

年間休日107日は年末年始やGWは取得できるの?

年間休日107日は多いの少ないの?

年間休日107日で連休はあるの?

転職して気になるのが年間休日ですよね

中小企業では年間休日は平均10日です

最近の働き方改革で年間休日105日から107日にする

企業が増えています

そこで気になるのが年間休日107日では連休が

取れるのか?シフト制はつらいのか?

です

結論から言えば

年間休日が105日から比べれば年間休日が107日の

ほうが体調が楽になります

ブラック企業からホワイト企業に転職した45歳の私が

説明します

この記事を読めば、年間休日107日でシフト制

がつらいか楽かわかります

年間休日107日はシフト制は楽になる

年間で完全週休二日制にすると104日になります

祝日16日

ゴールデンウィーク3日、年末年始3日、夏休み3日を考えると

合計129日となります

年間休日107日とすると

3日しか休みがありません

一般的に私が経験したシフト制がある企業は

連休をGW、年末年始、夏休みがありました

これを踏まえると

1月に、1から2日土曜日出勤しなければなりません

シフト制で夜勤になるとそれぞれの会社によりますが

勤務時間が違います

例えばここでは23:00から8:00までの

9時間勤務とします

すると土曜日出勤になると

日曜日の8:00まで仕事になるのです

そして、勤務まで24時間以上空けなければいけません

そのため月曜日に8:00から出勤が可能になるわけです

しかし、月曜日8:00からの出勤は非常に

体が疲れます

夜勤専門ならリズムを崩すことが無いので

楽です、しかし、これはも年齢を重ねると

かなりつらいです

そのために、私が経験した会社では

祝日を土曜日に異動させて

完全週休2日制に近い形にするのです

こうなるとかなりシフト制で

夜勤でも楽になります

105日から107日と2日しか増えていませんが

シフト制で考えると非常に体調的に楽になります

連休は、GWと夏休みと年末年始

私が経験したシフト制がある会社では

夜勤があるシフト制にすると

週休2日制にして祝日をなくします

そして連休はGWと夏休みと年末年始しか

取れないのです

働き方改革で5日間は必ず有給を取らなければなりません

107プラス5で112日となります

シフト制の人は、5日間を土曜日に有給を

取得することができるので

体調が非常に楽になります

シフト制で夜勤をすると2日の休みは必ず必要です

体のリズムを勤務の時間に合わせるのに

最低2日かかるのです

これをふまえると年間休日107日、105日では

連休が取ることが難しいのです

シフト制は有給休暇が取りにくい

シフト制は有給休暇が非常に取得しにくいです

なぜなら、夜勤や変則勤務の人材を

探さなければならないのです

そのために、有給休暇を取る為に

一般的に有給は3日前に申請なのですが

1週間以上前からの申請になるのです

さらに繁忙期では

有給を申請しても断られるかの

可能性が非常に高いのです

まとめ

年間休日107日において

シフト制はかなり楽です

働き方改革で

有給5日間取得することができるよになりました

その結果、年間休日107日になると

112日の有給が取れるのです

月1から2日の土曜日出勤が

月1日の土曜日出勤が増えるのです

やっと中小企業も社員をロボットと

考えることを辞めたようです

人材が集まらなくなってきたんでしょうね

 COMMENT

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

関連記事

NO IMAGE

[体験談]月給でブラック企業とホワイト企業の区別の仕方

NO IMAGE

[体験談]基本給低いが手当が多いとブラック決定の理由

NO IMAGE

[体験談]中小企業の福利厚生が悪い!中小企業の転職のデメリット

NO IMAGE

[体験談]中途採用が昇進・出世できない理由

NO IMAGE

[体験談]年間休日120日は嘘!休日出勤で105日になる実態

NO IMAGE

[体験談]中途採用面接で雑談ばかりは不合格フラグの理由