[体験談]転職エージェントで強引な担当者を利用して得する方法

強引な担当者は担当者を交代したほうがいいの?

強引な担当者は内定後の報酬しか考えていないの?

転職エージェントの担当者はなぜ急がせるの?

転職エージェントに登録するとあなたに専門の担当者がつきます

その担当者によって転職がうまくいくか失敗するか決まります

トクに強引に案件に応募させたり、内定承諾をさせたり

する担当者がいるようです

そのような場合はどうしたらいいのでしょうか?

結論から言えば、強引な担当者を最大限利用して

転職を成功させるのです

ブラック企業からホワイト企業に転職した45歳の私が

説明します

この記事を読めば、強引な転職エージェントの

担当者の対応がわかります

強引に応募させてみる

強引に企業の面接の応募させる

担当者がいます

応募させるためには

担当者は企業側に推薦状を書きます

その推薦状を自分に見せてもらうように

お願いしてください

担当者が自分の過去の経験

や性格など企業に紹介しています

それを読むことにより

担当者があなたのことを

どのような人材だと思っているかが

わかるのです

そこでもし自分が希望した職種との

ミスマッチがおこってたなら

再度面談をおこなってもらうように

担当者にお願いしてください

そして、ミスマッチがなくなるように

あなたが担当者に対して

もっと詳細に説明してください

あなたの希望職種や性格が

性格に分かれば、マッチした

企業を紹介してくれます

強引なのでさまざまな企業を紹介してくれますが

ミスマッチがなくなればよりよい企業を

紹介してくれます

強引な担当者を利用する

強引な担当者を利用して

紹介してくれた企業のことについて

知らないことを質問するのです

特に待遇面など

内定が出て、会社の就業規則や

人事に聞かなければいけないことを

聞いてください

強引な担当者はどうしても内定をとって

報酬がほしいのです

その部分を利用するのです

例えば

・残業は1分単位で請求できるのか?

・直属の上司の年齢

・社長の信念

・会社の動向

を聞いてください

面接対策にもなります

履歴書の添削

転職エージェントの担当者が

ノルマをあげるために

たくさんの企業を紹介したり

内定を承諾させようとします

内定承諾を急がせるようにする場合は

不満点を担当者に相談してください

履歴書や職務経歴書の添削を

なんども行ってください

このことを行うことにより

担当者はよりあなたのことを知る

ことができます

そうなれば、あなたの強みやアピールするポイントが

わかるようになり

より良い企業を紹介してもらうことができるのです

添削したことがある人は最低でも

2回以上は添削を行ってください

添削してくれない場合は

履歴書と職務経歴書が悪いから

書類選考が通らないといってください

当然、他の企業にも自分で

直接応募した企業の数を

担当者に教えてください

まとめ

強引な転職エージェント担当者を

利用する方法が理解できたかと思います

担当者もノルマがあるので

転職を成功させなければいけません

転職者はその部分をうまく利用すればいいのです

担当者に主導権を握られるのではなく

あくまでもこちらが担当者を使い倒すのです

強引な担当者も使いようによっては

良い企業が見つかって

転職が早く終了する可能性があるのです

 COMMENT

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

関連記事

NO IMAGE

[体験談]中途採用で志望動機を聞かれない理由3選

NO IMAGE

[体験談]中途採用にプレッシャーをかける企業の特徴3選!退職まで孤立放置

NO IMAGE

[体験談]面接結果が郵送だと不採用・不合格は嘘の理由

NO IMAGE

[体験談]残業を自主的に過少申告してはいけない理由

NO IMAGE

[体験談]土日祝日対応する転職エージェントの特徴

NO IMAGE

[体験談]3交代は楽だった!きついは嘘!工場での楽の3条件