[体験談]転職面接で年収・給料を聞かれない場合の年収交渉の方法!

最終面接で希望年収・給料を聞かれなかった場合どうするの?

年収・給料が少なかったら給料交渉の仕方は?

最終面接までくると気になるのが年収や給料の待遇ですよね

しかし、最終面接まで来たのに希望年収を聞かれなかったら

どうするの?って思っていませんか?

結論から言えば、内定時の労働契約書に会社側の年収や待遇が

記載されています

そこで希望給料が少なかったら嫌ですよね

内定が出てから給料交渉はできるのです

ブラック企業からホワイト企業に転職した45歳の私が丁寧に説明します

この記事を読めば転職面接で年収や給料を聞かれなかった場合の

年収・給料交渉の仕方がわかると思います

内定後に会社側と交渉する

最終面接まで年収や給料などの待遇面について話が

出ないことは多数あると思います

結果から言えば、内定が出るまでは待遇面についての

質問や交渉はしないでください

面接はあくまでもこちら側は面接される側であり

選択されているのです

内定が出てやっと対等の立場になるのです

対等になったときに待遇などの交渉を行うのです

自分の年収・給料の相場を知る

多数の企業の面接を行うと

自分の市場価値がわかると思います

転職エージェント、リクナビなどの転職サイトに登録すると

紹介される企業の提示される年収や給料がわかると思います

年収・給料交渉はこの金額より低かった場合に行ってください

もしくは、給料は範囲が設定されています

例えば

給料25万から30万

といったような形で記載されています

上記の例の場合

自分が内定をもらって

給料の金額が25万に近いほど

あまり期待されていない、もしくは即戦力と

考えられていないと思ってください

この状態で給料交渉を行わないでください

内定が取り消される可能性が高いです

あくまでも給料交渉を行う場合は

上記の例場合28万円以上だった場合に行ってください

実績をプレゼンする

給料・年収交渉をする場合は

今までの会社に勤めていたときの実績を

内定が出た会社に提示する必要があります

コスト削減をしたなど目に見えた実績が必要です

相手を納得させる必要があるのです

交渉をする前に実績をプレゼンする形で紙面に

残す必要があります

ぜひ交渉する前に今までの実績を

まとめておいてください

転職エージェントから交渉してもらう

一番簡単なのは転職エージェントから交渉してもらうのが一番です

転職エージェントは給料・年収交渉を経験をしているはずなので

年収・給料が上げてもらう可能性が高いです

しかし、転職エージェントに依頼しても

年収・給料のアップは難しいと言われた場合は

非常に難しいと思います

このようなときは、大変残念ですが

あきらめるしかないです

自分達より転職エージェントのほうが経験があるので

せっかく内定を取れた会社に対して悪い印象を

与えてしまいます

まとめ

年収・給料の交渉は内定後に出来ます

しかし、私は正直に言えば

年収・給料の交渉はお勧めしません

年収・給料のアップが見込めたとしても

転職後の自分に対する見方が厳しくなります

実績を残しても企業側が思っていたより

実績を残せなかった場合、給料が上がる確立が

低くなります

それならば、内定時の労働契約書に提示された

会社の規定どおりの給料で契約して

実績を残せば年収・給料アップは

望めると思います

このような客観的なアドバイスをしてくれたのが

転職エージェントです

一人で転職活動をするとどうしても

偏った考え方になってしまいます

そんなときに相談にのってくれるのが

転職エージェントの担当者です

ぜひ、充実した後悔のない転職を行う為に

転職エージェントに登録して

転職活動をおこなってください

 COMMENT

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

関連記事

NO IMAGE

[体験談]中途採用の面接結果が早い翌日の理由3選

NO IMAGE

[体験談]転職エージェントに転職理由を正直に話すとトクする理由

NO IMAGE

[体験談]内定の催促確認をしていいの?確認方法は電話?メール?

NO IMAGE

[体験談]有給は何日前に申請がマナー?具体例あり

NO IMAGE

[体験談]中途採用面接の逆質問のマル秘対策を暴露

NO IMAGE

[体験談]転職したらブラックだった!内定後にブラックの見分け方!