[体験談]求人票で給料・賃金の幅がある理由3選

ハロワや転職サイトの求人票の給料になぜ幅があるの?

求人票に給料に幅があるけどどうやって給料を決めるの?

入社時に給料をアップすることはできるの?

転職するにあたり気になるのがやはり給料・賃金などの

待遇ですよね、しかし求人票を見ると

なぜか幅があります

結論から言えば、会社側の転職者に対する期待度が

給料・賃金に現れます

ブラック企業からホワイト企業に転職した45歳の私が説明します

この記事を読めば、なぜ求人票の給料に幅があるのかわかります

経験者優遇

求人票には、企業側が希望する職種の経験が記載されています

面接を行い会社側が期待している職種の経験を持っている場合

給料・賃金の幅の一番高額な部分に決まります

例えば求人票に給料に20万から25万となっていた場合は

25万に近い金額が給料・賃金となります

この場合は、自分が行きたい会社ならば

会社側から期待されていますので

私としては転職することをお勧めします

反対に、企業が希望していた職種の経験者で無い場合は

20万に近い金額となります

この場合は、あまり企業側に期待されていませんので

私としては、転職はお勧めしません

どうせなら、企業側に期待されて転職したほうが

お互いWIN-WINの関係になりますよね

企業側に期待されている

求人票に記載されている給料・賃金の幅が

20万から25万の場合ですが

会社が期待する職種があってなくても、履歴書や

職務経歴書・面接を通じて

転職者の性格や考え方が良くリーダーシップを持って

企業の風土を変えてくれるような

現在の企業にいない人材ならば

給料・賃金の25万に近い金額になります

給料テーブル

各会社によって給料・賃金の年齢のモデルケース、つまり

給料テーブルがあります、年功序列の会社であればあるほど

給料テーブルがあります

給料テーブルに照らして、給料・賃金がきまります

給料・賃金の幅が20万から25万の場合

若い人の場合は20万に近い金額となります

年齢が40代など高齢の場合は

25万に近い金額となります

まとめ

求人票でなぜ給料・賃金に幅があるのか分かったと思います

  • 給料テーブル
  • 経験者優遇
  • 履歴書、職務経歴書から企業側に期待されている

以上の3つがメインな理由で

求人票で給料・賃金の幅がきまります

他には、企業側が面接者に対して

面接でのやる気や将来性を期待して

給料がきまります

そのために、給料に幅をもたせています 

会社が新卒ではなく転職者を希望する理由は

会社に入社して教育をせずに即、戦力になって

欲しいからです、そのため

会社側が期待する職種を経験している人材ならば

給料が高くなるのは当然です

どうせだったら、給料の幅の一番高額の給料が

欲しいですよね

ここで必要なのが転職エージェントの存在です

転職エージェントならば、企業側が提示した

年収、給料、待遇のアップを転職者に代わって

交渉してくれます

もし一人なら、入社してからのこともあるので

あまり強いことはいえません

そこで交渉の経験がある転職エージェントが必要になるのです

是非、転職エージェントに登録してください

 COMMENT

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

関連記事

NO IMAGE

[体験談]転職で希望年収より50万高い!年収が現状維持からアップした方法!

NO IMAGE

[体験談]中小企業が休み少ない理由3選!零細企業がブラック化する実態

NO IMAGE

[体験談]求人票と休日、残業時間が違う!嘘を見破る方法

NO IMAGE

[体験談]中途採用の最終面接の結果はいつ?日数は?土日挟んだら?

NO IMAGE

[体験談]中途採用を戦力外と考える企業の対応3選

NO IMAGE

[体験談]中途採用でオファー面談をしないと損する理由3選